コスパに優れたダイヤモンドのネックレスを発見!

ダイヤモンドのネックレスは、無色透明の宝石でもあるのでどんなスタイルにも合わせやすいため、
汎用性の高いアクセサリーともなります。
金やプラチナを利用してさまざまなデザインで販売されていますが、
ダイヤモンドのカット方法によってデザイン性も価値も違ってくることになります。
ダイヤモンドのネックレスを購入する時には、見た目で気に入ったものを選ぶ
というのもいいのですが、良いものを安く買うことが重要です。
その判断として、どんなカットがされているのかにも着目してみるといいでしょう。

ダイヤモンドのグレードとは?

ダイヤモンドの品質をグレード評価する基準として、4Cと呼ばれるものがあります。
これは、世界共通の基準にもなるので、
海外から購入したものであっても同じ評価がされることになります。
カラー、カット、カラット、クラリティの4つの評価をアルファベット表記した時の
頭文字が4つともCであることから呼ばれている名称であり、
総合評価というものはなくそれぞれの評価だけが記入されることになります。
無色透明であることが美しいとされるダイヤモンドは、黄色味を帯びるごとに
評価が下がることになり、これはカラー評価で判断されます。
ただし、ダイヤモンドにはカラーダイヤと呼ばれる色がついているものもあります。
傷や内包物の数、位置、大きさの評価はクラリティであり、
カラットでは0.2gを1カラットとして重さの評価となります。
カット評価では、唯一素材には関係なく人の手によって変わることになり、
職人によって施された研磨と仕上げの評価となっています。

ダイヤモンドのカット数でこんな違う!

ダイヤモンドは、さまざまな形にカットして仕上げられていますが、
最も素材の美しさを引き出すことができるカット方法としてラウンドブリリアントカットがあります。
これは、57面体、もしくは下面の面取りをした場合には58面体にカットされたものであり、
光を当てた時にはそれぞれの面から入った光が互いに反射をして
人の目から最も輝く姿を見ることができるのです。
57もしくは58ものたくさんの面でカットされているのが美しいのであれば、
それ以上の数でカットされればもっと美しくなると思われがちですが、
これ以上のカットが施されたものになるとエキストラファセットとして
カット評価が原点となってしまうのです。
ダイヤモンドでは、他にもハート型やエメラルドカットなどのスクエア型など
デザイン性を高めたファンシーカットも利用されていますが、
カットは素材には関係ない評価でありながらもダイヤモンドを購入する時の価格に
大きく影響をすることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です