トイレがつまった~!お風呂も漏水してる~!

水は私たちの生活に欠かせない重要なものの一つです。
そのため、水回りのトラブルが起こってしまうと困りがちで、すぐの対処が必要です。
特にトイレやお風呂のトラブルは、毎日使用する場所だけに問題が起こると焦ってしまいます。
問題が解決するまで使えないとなると不安になってしまいますが、きちんと対処すれば自分だけでも解決できる場合があります。
水のトラブルが起こってもまずは落ち着いて冷静になり、トラブルを改善するための準備を行いましょう。

まずはトイレのつまりを修理

便器の中の水の位置がいつもよりも高い場所にあったり、流しても水の量が少ししか減らないときなどは、トイレがつまっている可能性が高いです。
そのようなときは、水漏れを防ぐためにこれ以上の水を増やさないように注意し、つまりを解消するための道具を用意します。
必要な物は、手袋にバケツ、雑巾、ラバーカップ、火ばさみです。
実際に作業に移る前に、まずは便器の中の水量が下がるのを待ちます。
水の量が多いまま作業をすると、便器の中の水が飛び散ったり溢れたりと周囲を汚してしまうからです。
そして水量が半分くらいになったら、作業開始です。
水の中にトイレットペーパーなどの汚物がある場合は火ばさみで取り除き、これ以上のつまりが起こらないようにしておきます。
次にラバーカップを持ち、便器の穴を覆うようにして当てます。
穴に密着出来たら、奥に水を送り込むようなイメージで押していき、押せなくなったタイミングで引きます。
この作業を繰り返し、一気に水が流れていく様子が確認できたら問題は解決です。

お風呂の漏水は自分で直せず・・・

お風呂が水漏れしている場合は自分で直そうとせず、専門の業者に依頼して修復してもらった方がスムーズです。
一見にして原因が分かりにくいためです。
お風呂場の蛇口や混合栓から水漏れしている場合は、その原因のほとんどが蛇口のパッキンの劣化によるものです。
このような場合はパッキンを交換すれば問題は解決しますが、浴槽の排水口から水漏れしている場合や、浴槽の横側の穴から水漏れしている場合、風呂釜や給湯器の水漏れとなると、話は別です。
風呂釜や給湯器のトラブルの場合は専門の業者やメーカーしか修復ができませんし、それ以外の場所であっても、素人が作業をするには非常に難しい内容となります。
時間もかかってしまうため、このようなトラブルが起こった場合はすぐに業者を呼ぶようにしましょう。
尚、業者やメーカーに依頼する場合、中には修理代の他に出張費用が必要となる業者もあるため、あらかじめ依頼先について十分に調べておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です